動画配信を始める前に!視聴者の実態を調査

視聴する主な世代を意識する

知名度が高くなってきた動画配信は、幅広い世代から視聴されています。しかし、その実態はやはり10代から20代の若者が多く、次に30代から40代へと続きます。50代では約半数が視聴していますが、60代となると視聴数は一気に落ち込みます。つまり、視聴者が求める動画には、若者から働き世代を中心にした内容のものがよく、高齢者向けにはあまり適さないことが分かります。その世代が興味をそそるような動画作成を考え、流行や社会問題を取り上げていくと視聴回数も期待できるかもしれません。

若者ほどリピーターに

30代から40代のような働き世代は時間があれば視聴する人が多いですが、10代や20代のような若者では視聴を習慣にしている人も珍しくありません。そのような世代はお気に入りの動画チャンネルを持ち、常に動画をチェックしています。つまり、定期的に動画を配信していればリピーターの数が増えると予想されます。さらに、動画の終了後に何曜日の何時くらいから配信予定と宣伝をしておけば、視聴する側も見やすくなるのでおすすめです。

子供向け動画と海外向けは視聴回数も無限大

子供向け動画の数は少なくありませんが、その視聴回数もかなり大きい傾向があります。子供は意外と好きな動画をよく見ており、しかも繰り返し見ることもよくあります。そのために視聴回数が大きくなりやすく、学校で流行っていればさらに注目が集まります。そして、動画配信サービスは世界中でも視聴されているので、外国語に適用した動画を作成すれば多くの外国人が視聴者になってくれます。動画内で外国語を使ったり、タイトルだけでも外国語にすれば外国の視聴者を誘導しやすくします。ちなみに、外国語は世界共通語の英語が最適です。

ストリーミングとは、マルチメディアデータの再生時にすべてのデータのダウンロードを必要とせず、一定量のダウンロードが完了した時点で再生を開始し、ダウンロードと再生を並行して行うものです。