しっかり準備しよう!スマートフォンの水没対策について

水没してしまったらどうすればいいか

トイレやお風呂などに大切なiPhoneを落としてしまった場合修理に出す必要がありますが、応急処置の方法を知っておくことで水没から復旧できる可能性が高くなります。まず水中に落としてしまった後に画面が消えていても、すぐ電源を入れないようにしましょう。ショートしてしまい修理が難しくなってしまうことがあります。充電もショートにつながるので、充電器につながないように心がけましょう。

また、早く乾かしたいからといってドライヤーを使うのは加熱が進み壊れやすくなってしまいます。リチウムイオン電池まで濡れていると、ドライヤーの熱で発火する可能性もあるので注意が必要です。端末を無理に振ってしまうと、水分が外に排出されずに中に進入してしまうこともあるので早めに修理に持っていきましょう。水没した端末からデータを取り出したい場合は、電源をすぐに切ってSIMを抜いておくことが重要です。

あらかじめ水没加工しておくと安心

スマートフォンを入浴中や雨の日でも安心して使いたいという場合は、防水加工を検討してみましょう。重さや見た目は変わらない加工を行っている会社も多く、加工後もケースをつけることもできます。

加工に必要な時間も短いため、加工を依頼してその日のうちに使えるのもメリットです。店舗によって水没加工に必要な費用など細かい違いがあるので、まずは依頼したいと思えるところを探してみましょう。近くに店舗がない場合でも、宅配での加工を受け付けている店舗があります。

非正規店でiPhone修理を行うと、残りの保証期間が失われてしまう為、故障や破損をした場合、正規店に持ち込む事が大切です。