実はこんなに大変!新入社員の電話研修のポイント

新入社員は電話対応に慣れていない

新入社員の社員研修の中に、電話対応に関するものがあります。電話の受け方や敬語の使い方などを教えるわけですが、近年ある傾向があることをご存知でしょうか。スマートフォンが普及してから、電話でのやり取りが少なくなっているのです。ましてや見知らぬ番号からの電話は受けないので、初めての相手からの電話対応経験は皆無といって良い状態です。それに対して電話に関する研修は昔ながらに数時間で終わらせるという会社も多くあります。

新入社員の電話研修には時間がかかる

若い新入社員は物覚えは早いものです。研修で教えたことはきっちりと実践しています。けれども電話対応に関しては、それが逆効果となるケースが増えています。何しろ見知らぬ顧客からの対応には慣れていないので、社名を書き取ったり正しい敬語を使うことに神経を使ったりと、肝心のやり取りがおろそかになってしまうのです。そこで電話研修に関しては、もう少し時間をかけて取り組むことが必要になっています。

電話研修ではグループ研修が向いている

新入社員の電話研修では、講師が一方的に講習を進めるのではなく、新入社員同士がディスカッションできる場を作ることが必要です。例えば相手企業や担当者の名前を書くことに集中して何も言葉を発せない状況にどう対処すれば良いのか、当人達で考えてもらうことです。そこで導き出した方法であれば、自分達が納得したものなので苦もなく実践できるというわけです。あるいは中にはアルバイトでの経験を生かせる人もいるでしょう。そのような社員がいれば、みんなにアドバイスもできることになります。

社員の能力向上に一役買ってくれる社員研修ですが、企業カラーに合わせたユニークなものを取り入れているところが増えてきています。