誰でもできる!?ホームページ作成の秘策とは

情報発信の時代を生きる

インターネットの時代になり、誰でも手軽に情報発信ができるようになりました。SNSやブログの出現でホームページ作成は必須ではなくなりましたが、それでもその重要性が薄れたわけではありません。本格的な情報発信を行う場合にはやはりホームページが不可欠です。ネットショップなどを開こうというときにも、オリジナルのホームページが必要となるでしょう。

ホームページはどうやって作るの?

そこで本題ですが、そもそもホームページとはどうやって作ればいいのでしょうか。まず、ホームページはhtmlというもので書かれています。このhtmlを把握するところからホームページ制作が始まるわけですが、「そんな手間はかけられない」という人も多いでしょう。そこで「ホームページ作成支援ソフト」の出番というわけです。

どんなソフトがいいの?

ホームペーシ作成ソフトといっても、どれでもいいというわけではありません。WYSIWYGと呼ばれる、ページを直接編集できるタイプのソフトを使うのがよいでしょう。

ソフトを使って簡単に

このWYSIWYG型のホームページ作成ソフトは、まさに「作りたいように」ホームページを作ることができます。もっとも、完全無欠というわけではありません。ページに手を加えるたびに「即物的に」htmlを挿入するため、実際には表示されない不要なhtmlがソース(表示されるホームページのもとになるhtml文書)上に残ってしまうという欠点があります。そのため、多少読み込みが遅くなってしまいます。

ワンランク上を目指して

もちろん今すぐ解決しなくてはいけない問題というわけではありません。しかしhtmlを軽く勉強してソースを清書できるようになれば、自分のホームページをワンランク上にできるということだけ覚えておいてください。

医療機関がホームページ制作を発注する場合には、最新情報を更新しやすい仕組みにすることが重要です。ウェブサイトに予約システムも導入すると、診療の効率化も実現できます。