サーバーをレンタルすると出来ること・オススメ3選

ホームページを作って公開することが出来る

自分だけのホームページが欲しいと思ったことはありませんか?ホームページを作るだけであればパソコンがあれば可能です。ですがそれをインターネット上で公開するとなると、サーバーのレンタルが必要となります。

レンタルしたサーバーの中にホームページのデータをアップロードすることで、はじめてホームページをネット上に公開することが出来るのです。

また独自ドメインが使えるサーバーもありますので、ホームページアドレスを自分好みのものにすることも可能です。

ネットショップを作ることが出来る

ホームページと同じく、個人でネットショップを持ちたい場合はサーバーのレンタルなどをしてインターネット上で公開する必要があります。最近ではネットショップ用のツールを用意したレンタルサーバー会社などもあるので、専門知識に乏しい場合はそちらを検討するのもおすすめです。

また個人でネットショップを持つ利点としては、商品管理が好きな時間・好きなタイミングで行えることと、直販のためお客様から別途に販売手数料をいただかなくてもよいなどがあります。

増えたパソコン内のデータを保存しておくことが出来る

サーバーのレンタルはホームページの公開用にするものと思われがちですが、データの保管庫としても利用することができます。写真や動画といった増えすぎたパソコン内のデータをレンタルしたサーバースペース内に移すことで、データのバックアップを行う事が出来ます。

その際の注意としてはレンタル契約が切れた際、サーバーに移しておいたデータが一気に消えてしまうことがあります。契約期間や延長のタイミングには気を付けたいところです。

レンタルサーバーとは、保守・管理・アップデートなどをサーバー提供元の企業が行っており、自社でサーバーを構築するよりも各種コストを低く抑えることができます。