簡単!スマートフォンに対応したページの作り方

スマートフォン対応の難しさとは

スマートフォン対応の難しさは、PCとの解像度の違いもありますが、操作性の違いも対応を難しくする要因となっています。具体的に言うと、PCでは「カーソル」という移動単位を「マウス」というデバイスを使ってクリックすることにより「点」で処理するのに対し、スマートフォンでは操作者の「指」を使って、対象要素に「タッチ」するというのが大きな違いです。つまりスマートフォンでは人間の指を使うので、その指が捉えきれないような小さすぎる操作要素は採用できず(一般には140px以上が必要とされる)、単にPCのサイトを小さくすればいいというものではないのです。

テンプレートを活用して解決

サイトの見た目の印象を損ねず、かつPCでもスマートフォンでも使いやすいUIと言うものは、非常に作るのが難しいのが現実ですが、しかし心配することはありません。既に世の中には「テンプレート」と呼ばれる「お手本用」のデザインが大量に無料で配布されているからです。こうしたものを使うことにより、PCのときにはPC用の、スマートフォンのときにはスマートフォン用のデザインが自動で出力されるページを、簡単に作ることが出来ます。こうしたお手本用のテンプレートは、検索エンジンなどで「テンプレート」と「レスポンシブデザイン」といったキーワードで検索することで、たくさんヒットします(商用で利用することができるものも多数あります)。こうしたテンプレートを活用し、必要な箇所だけをカスタマイズすることで、格好いいスマートフォン用のサイトを比較的簡単に作ることが出来ます。

業種別にデザインを考えるのが、スマートフォンサイト制作の基本です。更新が容易なプランを選ぶと、最新情報もスムーズに一般公開できます。