セキュリティー対策に欠かせない!ネットワーク監視の導入を検討しよう

ネットワーク監視の二つの側面

ネットワーク監視を企業で導入するメリットには二つの側面があります。社内システムをネットワークベースで構築することが多くなり、そのネットワークシステムが破綻することによって業務がほとんど行えなくなってしまう状況に陥る場合も少なくありません。予期せぬエラーによってそれを防止するための方法としてネットワーク監視を行うことに意味があります。もう一つのメリットはセキュリティー対策であり、外部からのネットワークアクセスを監視して適切な対応を取ることは必須でしょう。情報漏洩や情報改ざん、システムの破壊などを防ぐための方法としてネットワーク監視の導入には意味が大きいのです。

ネットワーク監視にはシステム導入が低コスト

ネットワーク監視の実施方法にはいくつかあります。最も古くから行われているのは専門のエンジニアを雇用して24時間体制でのネットワーク監視を行う方法であり、有能なエンジニアを起用すれば高い効果が期待できるでしょう。しかし、その分だけ人件費がかかってしまうことは否めません。一方、ソフトウェアを利用することによるネットワーク監視も行うことが可能です。安くネットワーク監視を実施できる点では優れていますが、最新の脅威に対する対応力が問題になりがちなのも確かでしょう。より優れているのがネットワーク監視システムの導入であり、常に最新情報に基づいたネットワーク監視を行える自動システムが提供されています。社内システムに埋め込む形での運用を検討してみましょう。

フロー監視とは通信回線やネットワーク上で送受信される信号やデータ、またその量や密度をを監視することを言います。