初めて会計ソフトを使う場合は、何を選んだら良いか

税理士と顧問契約をしているのなら

企業や事業所が会計事務所と契約して、税理士から経理の指導を受けているのであれば、事務所で利用しているのと同じ会計ソフトを使うようにしましょう。帳簿の確認を依頼したり、決算で申告書等の書類を作成したりするにも、同じソフトのデータの方が見やすいです。さらに、同じ物を使っていれば、操作の手順や入力の仕方が分からなくなった場合も、電話等で聞き、その場で解決できるからです。データの間違いを正す場合にも、すぐに対応できますので、顧問先に会計ソフトの導入の相談をするといいでしょう。

顧問先からおすすめのソフトの提示がなかった場合

非常に珍しいですが、現在でも手書きの記帳にこだわっている会計事務所も見られ、どの会計ソフトを使ったら良いか返事がない場合もあります。また、顧問先で高機能の会計ソフトを使っている場合は、専用の機械を揃えなくてはいけない場合があり、小規模な事業所では導入が難しいこともあるでしょう。その場合は、周囲の企業で使われていることの多いソフトの中から選ぶといいでしょう。目安としては、本屋でソフトのガイド本が出版されている会計ソフトがおすすめです。それだけ利用者が多い証拠ですし、それらの本を手元に置いて、事務処理の際に確認しながら記帳できます。

試しに使って見て使用感や操作性を確認

多くの会計ソフトには、無料試用版が用意されています。基本的にメーカーサイトからダウンロードする必要があるため、インターネットが必須となるでしょう。試用する際は、利用者情報の登録が必要なサイトもありますので、気をつけてください。試用は1ヶ月程度の所が多いですが、機能を限定すれば永年使える場合もあります。操作が難しくなく、スムーズに操作できるようであれば、購入手続きをするといいでしょう。

会計ソフトは、事業の規模や事業内容にかかわらず、売り上げの管理や給与計算などをスムーズに行えるツールとして需要が高まっています。