コストダウンと売上アップの両立が可能!マーケティングオートメーションの魅力

マーケティングオートメーションとは何なのか

マーケティングオートメーションというのは、その文字から分かる通りに、マーケティングでコンピューターに任せられる部分を自動化してしまおうという試みのことです。今までは人間が手動でやっていた仕事を自動化することで、よりミスなくスピーディーに次のプロセスへと移ることができます。単純に人件費がカットできますから、コストダウンの効果が得られます。また、同時に作業スピードのアップも図れます。効率がよくなって、売上がアップする可能性もあります。見込み客に適切な情報を送ることで、彼らを育成し、顧客に成長させることができる場合もあるでしょう。

無駄なく効率的に見込み客の管理ができる点がメリット

このシステムを使えば、見込み客の管理は簡単になります。今まで放置していた層にまで訴えかけることが簡単になるので、見込み客を育てていくことができるはずです。見込み客が顧客になるまでには、一定の時間がかかるものだと言われていますが、システムを自動化していれば、その時間も待つことができるでしょう。スタッフは他の仕事をしながら、コンピューターが自動的に裏で見込み客の育成をしてくれるわけです。もちろん、メルマガなどのコンテンツは人間が書かなければなりませんが、その送付や送付リストの作成、管理などはすべてコンピューターに任せられます。

デメリットは初期費用がかかること

このシステムもメリットばかりではありません。初期費用がある程度かかってしまうというデメリットも存在しています。きちんとしたシステムを組み上げるまでには、多くの時間もかかります。しかも、まだシステムは登場したばかりで、改良の余地も残されています。すべてが完璧ではない点もデメリットに入るでしょうか。

マーケティングオートメーションとは、顧客の行動から次の販促を自動的に行い、最終的に購買へと結びつけるしくみです。